長崎大学熱帯医学研究所の研究者たちがNPOを訪問しました。

長崎大学熱帯医学研究所の研究者たちがNPOを訪問しました。

ケニア、ウガンダ、ガーナ、タンザニアから長崎大学に来ている研究者達がNPOオフィスに遊びに来ました。2名は3月末にウガンダとケニアに帰国します。 今まで、アフリカから来た人達に、長崎の新鮮な魚介類をだしていたのですが、宗教の関係で豚肉や鱗がない魚介類を食べられなかったり、生ものやしょうゆが苦手な人もいます。ポテト、トマト、アボカド、鶏肉料理を出したら好評でした。海外から日本に来ている人たちに、日本料理をふるまうことも楽しいですが、中には苦痛に思う人もいることを理解できるようになってきました。...
2016年1月3日

2016年1月3日

長い間国際保健のマネージメント分野で活動し、NGOグランドマザープロジェクト(www.grandmotherproject.org)の理事を務めているSaul Helfenbein長崎大学客員教授と長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス究科の佐藤美穂助教授が、Treasures of The Planetオフィスを訪問しました。 長崎の食材を使ったお節料理を楽しみながら、Treasures of The...
2016年元旦

2016年元旦

アフガニスタン生まれでイランに亡命後、日本の大学でマラリアの研究をしているHassanと妻のMersedehさん、長崎大学熱帯医学研究所でバッファロー・マラリアの研究をしているアメリカ人教授Thomasさんの3名が、Treasures of The Planetオフィスを訪問しました。 日本に来て8年になるHassanですが、お節料理は初めて。ひとつひとつ料理の意味を説明しながら伝統的日本料理を楽しんでいただきました。...